尿漏れ対策

新宿のビルの9階にひっそりと営業しているプライベート感満載の元気堂では時にディープな女性の悩みを伺うことがあるその一つが尿漏れ

まじめ質問

初めてで言いにくいのですが、
最近病院で過活動膀胱による尿漏れと
診断されて悩んでいます


まじめ院長

尿漏れ対策として病院では
どんなことをして、
どの様な効果がありましたか?


まじめ質問

骨盤底筋トレーニングと
抗コリン薬を飲んでいるんですが、
効果が出なくて悩んでいます。


まじめ院長

漏れる前に尿意がわかることと、
利尿ホルモンを抑える様な
施術をしていきましょう!




あなたの尿漏れはどのタイプ?

まずは一般的な病院で考えられている症状を中心とした分類を考えていきましょう!

腹圧性尿失禁 くしゃみや咳の時に尿意を今まで感じていなかったのに失禁してしまう。
切迫性尿失禁 60代後半から増え、急に強い尿意に襲われトイレに間に合わない。
夜間頻尿 睡眠時にトイレに起きてしまい、そのごなかなか寝付けない。


対策として骨盤底筋のトレーニング


オナラを止める感じで肛門を締める
排尿途中で尿を止める感じで尿道口と膣を締める
骨盤底筋を中に吸い上げる様に引き上げる

原因を骨盤底筋の筋力低下とした場合鍛えればいいのか?
よーく考えてみよう!生まれてから今まで使ってきた筋肉が衰えてきたものをさらに運動させたらどうなると思いますか?

週末に登山をしようと思って急にトレーニングを始めたらどうなるかを想像してみてください。
よくて筋肉痛、一歩間違えるとケガ…
衰えたものを鍛えれば若返るって短絡的な考えは止めましょう!
鍛えるのは元気になって余力が出てからです。

弱っているところをトレーニングする

疲労が増える

余計に弱る

悪循環を加速させる考え方です。



なぜ悪循環が起こる?

  • 急速な尿意は利尿ホルモンの出過ぎ
  • 膀胱がいっぱいなのが分からない

速な尿意は利尿ホルモンの出過ぎ
利尿ホルモンは実は心臓から出ている!!!
心臓の話するとちょっと怖いと思うが読んでみてね。
人の体の不調にはインフルエンザなどのウイルスや菌による感染とふくらはぎがパンパンになったりするむくみなどの血液のめぐりが悪いことで起こることなどがありますが、この場合は感染ではなく血の巡りが悪いことで起こる問題です。
足がむくむと足がパンパン
顔がむくむと顔がパンパン
むくみって気になるのは人それぞれだけど、一箇所だけむくむことはなく、足がむくんでいる時は脳も心臓もむくんでいます。
ちょっと心臓がむくむと怖い気がしますね!

それは脳も一緒でこれはまずいと判断し、いまとりあえず水分を出そうとします。その時心臓から出てくるのが>ANP(心房性ナトリウムペプチド)<で、とりあえず心臓が悪い状態になるのを防ぎ体を守ろうとします。

心臓がパンパンでまずい

パンパンは体液が多いからだ

とりあえず尿として出そう

ANP(心房性ナトリウムペプチド)を分泌だ!!!!

この利尿ホルモンは強いので分泌が起きない様に日頃からの予防が必要です。

胱がいっぱいなのが分からない
膀胱におしっこが溜まって膨らんだことを平常時は脳に伝えてまだ余裕があるのか、そろそろ行かないとまずいのかを分かっていますが、膀胱の加齢により硬くなったり、周辺の内臓や筋肉が固かったりすると余裕があるのかないのかの判別がつきにくくなってきます。

悪循環

膀胱がパンパン
お腹の中もパンパン
心臓もパンパン
関連する抹消の神経もパンパン
脳【自律神経】もパンパン

脳【自律神経】がパンパンになり機能低下が起こると、さらにパンパンが加速する!もう耐えられない…パンパンを解消するために尿を出すしかない
ANP(心房性ナトリウム利尿ペブチド)を分泌
尿を出して心臓の圧迫を下げて緊急事態にならずに済んだ!!!

尿漏れはまだ体験したことないが、足が心配なあなたふくらはぎがパンパンで痛い時の対策
を参考にしてください。




治療のポイントは?

  • 心臓の圧力が上がりにくいようにすること
  • 膀胱とその周辺を柔らかくすること
  • 全身のむくみを解消する
  • 硬い頭蓋骨を柔らかくして脳【自律神経】を活性化

臓の圧力が上がりにくいようにする
心臓が悪い人はうつ伏せに寝てもらうと簡単に見分けることができます。背骨前後のS状の湾曲がなく真っ平らで硬い
この背骨を柔らかくする。
仰向けにするとみぞおちが硬いのと、首の中ほどを前方に押すと硬い
この2カ所を柔らかくする。

胱とその周辺を柔らかくする
おへその下の臓器が対象になるので、触診して膀胱、S状結腸、直腸、子宮から硬いものを柔らかくする。

身のむくみを解消する
外傷以外の場合はみなさん全身良くない!つまり全身むくんでいます。このむくみ全部をスッキリ解消しないと効果が出にくい。

い頭を柔らかくして脳【自律神経】を活性化
お医者さんの世界で一番言われないことがこの頭蓋骨を柔らかくすること!
頭蓋骨の柔軟性を取り戻し脳【自律神経】の血の巡りを良くする
血の巡りをよくすることで脳【自律神経】の栄養状態がよくなる
体の不調は脳【自律神経】が原因!
根本から治すことが最も重要なのは当たり前ですが頭蓋骨を柔らかくする施術は非常に困難

尿漏れは
全身の司令塔の脳【自律神経】の血の巡りが悪いこと
上腹部(ミゾオチの上)が固く圧力が高いこと
下腹部(おへその下の内臓)が固く圧力が高いこと
などが原因で結果
尿が一杯になってきているのがわかりにくい…切迫性尿失禁
上腹部や下腹部がパンパンなことで起こりやすい…腹圧性尿失禁
などの病名が付きます


元気堂は根本原因である頭蓋骨が硬いことで起こる、脳【自律神経】の血の巡りの改善を目的とした頭蓋骨矯正をメインとした整体院です。他にはない痛みを伴わない施術なので安心してご来院ください。