免疫細胞療法

CAR療法は、遺伝子の微調整と患者自身の免疫システムを使う「免疫療法」を組み合わせたものだ。具体的には、T細胞と呼ばれる病気と闘う白血球を患者の血液から抜き出し、その遺伝子を組み換えて、10日間ほど実験室で培養したあと、患者の体に戻す。遺伝子を改変されたCAR T細胞はがん細胞上の悪性たんぱく質を認識し、標的とする。

引用元URL:白血病などがんに劇的効果の免疫細胞療法―費用は5000万円超とも

本来持つ自然免疫とうまくやれるか?

抗がん治療に関しては、行ったことでガン以外の健康リスクが高まり、死亡診断書には癌と書かれていないが実際には早く死んでしまったケースも多く見られる。
ただし、子供の白血病が治ったりしたらそれは素晴らしい。

でもこの記事を読んで1番感じて欲しいのはガンを倒すのは本来持っている免疫力だって事!
この頼もしい免疫力を活性化できるCSFプラクティスって素晴らしい。