baby
最近体の弱い赤ちゃんが増えている

実はこれ悪いことだけではない。

既に受けた幸せの代償でも有る

???って思った人も居るだろう


日本は幸せな国である。
もちろん経済の豊かさが影響している。
豊かになった為に根性が…なんて話ではなく。

乳幼児死亡率の話。
乳幼児死亡率低いので比較的弱い人間が大人になれる

その大人が親になると
トンビが鷹を生むことは難しく
弱い赤ちゃんが産まれる。

最近の研究で遺伝的な病気の軟骨無形成症とタナトフォリック骨異形成症に
効果が有りそうな薬がIPS細胞を使った実験で分かってきたらしい。
今後も薬やタンパク質の発見は有るだろうが、
根本の問題は何も変わらない。


親の世代としては体を本当の意味で強くする必要が有る。

その方法が免疫力革命である。

免疫力革命には2つの段階が有る


1段目
脳【自律神経】の栄養状態改善し疲労回復力を上げる
このことは日々の健康につながる。

2段目
1段目が安定した後に行える様になる
頭蓋骨の先天的な歪みを治し、成長障害の原因になった脳【自律神経】を治し、
体質を改善する。

多くのプレパパ、プレママが自身の弱い体質を改善してから
妊活に励んで欲しい。