ふくらはぎがパンパンで痛い
画像協力ぱくたそ

ふくらはぎがパンパンだったり、痛かったり、むくんでたりで悩んでる方に朗報!今までに無い施術のご紹介!ふくらはぎって第二の心臓と呼ばれ健康に重要だと思っている方も多いハズ、特に冬場はブーツを履くので仕事終わりに履こうと思ったら朝履けたブーツがパンパンで履け無いやばい…そうなら無いように日頃からふくらはぎのケアをしっかり考えましょう。
わたしふくらはぎのむくみだけじゃなく、顔のむくみも気になる方は「新宿の顔のむくみ専門家・風邪で顔のむくみがヒドイ時の解消法
を参考にしてください。





足の血の巡りと全身の関係

ふくらはぎって心臓から遠くにあり、心臓は送り出しのポンプであっダイソンのような吸い込む仕事をしているわけではありません。なので動脈で運ばれた血液を筋肉(腓腹筋やヒラメ筋)のギュッギュッと収縮することで心臓まで戻すようなことをしています。そうかじゃ〜運動すればふくらはぎの痛みやむくみが解消されるって思った方甘い!すでに結構ふくらはぎは運動している。

疲れているのにさらに運動したら痩せる?そんなことは無い老廃物もたまり

無駄に太くなる…



4つのパンパンの連鎖が苦しめる

  • コふくらはぎの筋肉がパンパン
  • ふくらはぎを動かしている神経もパンパン
  • 関連する副腎もパンパン
  • 管理する脳【自律神経】もパンパン

パンパンが連鎖しているので、ふくらはぎをもんだくらいでは治らない!
さらに困ったことに連鎖に出てくるのが脳【自律神経】と副腎この2つとも司令塔なので、内臓の機能とホルモンの働き両方に影響がある。脳【自律神経】の機能が低下すると回復力が落ちる。

回復力が低い状態だと
運動をする
揉む
風呂で温める
一般的に効果があると思われているものをやればやるほど、疲れて疲労物質が溜まる。
努力は無駄である

さらなる疲労物質が溜まることで、また循環が悪くなる…
こまったパンパンだけではなく痛みも出てしまった





痛みの泥沼にはまる…

  • ふくらはぎがパンパンで痛い
  • 抹消の神経が圧迫され「痛い」が脳【自律神経】に伝わる
  • 脳【自律神経】もパンパンなので機能低下している

脳【自律神経】が機能低下すると痛みの原因を治せない

脳【自律神経】が元気なときに、疲れても、多少傷がついても人間の体は自然治癒力が働き回復します。痛みは人に休むべきであることを伝える為にあると私は考えています。脳【自律神経】が元気なら大概のこと例えば「インフルエンザ」のような重症化を招く可能性のある感染症でも自分の力で回復することが可能です。

インフルエンザに関しては今年インフルエンザこの初期症状は重症化のサインを参考にしてください。

脳【自律神経】の機能低下が続くことでふくらはぎのパンパンは悪化することで、ふくらはぎの神経を圧迫し続ける。

これではふくらはぎを揉んでも、リンパを流しても末端だけでは変わらない!

元気堂はパンパンで痛いふくらはぎを脳【自律神経】から攻める!




ここのコリや痛みをチェック〜症例別痛みの地図

ふくらはぎの場所 この症状でお悩み?
後ろの外方 立ちくらみ、足が攣りやすい、花粉症、アトピー
中央 消化不良、便秘
後ろの内方 生理痛、不妊、PMS
後ろ面全体 冷え性、腰痛、むくみ、夏風邪、股関節痛、倦怠感、疲れが取れ無い
スネの外側 足をくじきやすい、動悸、汗をかきやすい、トイレが近い

ふくらはぎの悩み相談受け付け中

極度の冷え性でムクミが酷い…仕事中も寝ている時も加圧ソックスをしています。
むくみの改善は部分ではなく全身に


足以外にも顔などのムクミも気になりますか?ムクミの改善は左足だけとか顔だけとか部分部部に現れるのではなく、良くなる時は全身が改善します。顔がむくんでいるのは足もしっかりむくんでいるはずなので、全身の循環を良くする必要があります。足は第二の心臓などと表現する方がいますよね、心臓は血液をポンプするところポンプは広げるのと縮めることの繰り返しなので加圧で縮めたら今度は広げてあげないと!加圧ソックスを使いたいのなら、履いて脱いでを短時間に繰り返すといいかも?
当院ではポンプ効果の高いポンピングとゆう手技をたくさん行います。行うのも気になっているふくらはぎだけではなく関連する内臓、筋肉や内臓を管理する脳【自律神経】にもこの手技を行います。
ムクミは脳【自律神経】から治す!

「ふくらはぎがパンパンで痛い!」新宿に高速バスで買い物来ると夕方には痛い…
やり過ぎは逆効果で疲労がたまりすぎて痛みに


新宿は楽しいですよね!伊勢丹でショッピング、バルト9で映画、カフェでお茶して…実は結構歩くのが都内での遊びの特徴!都内での移動は地下鉄か徒歩が多いので実はいい運動に、この運動がちょっと厄介!運動って聞くと無条件に体にいことと思っていませんか?
何事も過ぎたるは及ばざるが如し、やり過ぎは逆効果で疲労がたまりすぎて痛みに…
そこで選択肢が2つ
1)楽しいことを制限する
2)むくみやすい体質を改善してもっと遊ぶ
私は2)もっと遊ぶ派ですが、最先端の医学の世界では1)の制限するのが主流です。
よく言われるのは糖尿病で行う食事制限などです。
施術のポイントは
1)ふくらはぎの筋肉
2)足首と膝の関節
3)関連する内臓
4)管理している脳【自律神経】
この4つのポイントをしっかり施術していきましょう。
当院の施術は効果だけではなく短時間で集中して行うのも人気の秘訣。遊びの時間を奪わないので予約をして途中に来てくださいね。



下半身だけが太く、仕事帰りにふくらはぎが浮腫んでいてスカートをはくのも恥ずかしいこの原因って?
むくみの原因は意外!内臓や脳【自律神経】も


下半身の太いのを気にする人ってそれに伴うコンプレックスに潜在意識では気がついていることが多いです。
2つの原因が考えられます。
1)女性ホルモンが弱い
2)肋骨が硬くなるほど呼吸器が弱い
1)の場合は生理不順やPMSのどの婦人科系の悩みを持っていることが殆どです。
2)の場合は小さい頃喘息だったり、風邪をひくと咳の症状に悩まされたりしている方。
2つを併発している方も当然います。
ホルモン系の問題に関してはホルモンを出しているところの子宮や卵巣、甲状腺などを活性化することが重要になってきますが、ホルモン分泌器官を治す前には脳【自律神経】や内臓を十分に活性化してからではないと、あなたの脳【自律神経】はホルモン分泌器官を治そうとはしません。当院では脳【自律神経】を活性化して頭を小さくすろことに全力を注ぎます。
2)の肋骨の硬さ???流石に下半身とは全く関係がないように思うかもしれませんが下半身太いのは上半身が小さいつまり胸が小さいことを言っている方が多いようです。胸の発育には肋骨の柔軟性とホルモン系の活性化が不可欠
下半身太りの原因は以上にして、次は日によって変わるふくらはぎの浮腫の原因
日によって違うことは実は最先端の医療器官での精密検査では分かり難い、なぜなら日によって違うのは疲労が原因で尿検査やレントゲンなどではわからない項目だからです。腎臓の疲労を和らげるよふくらはぎの浮腫は改善するので、ふくらはぎの浮腫は腎臓と言う記事がインターネット上に有るのもうなずける。
当院でも足の浮腫は腎臓をしっかり施術します。
腎臓の施術でポイントとなるのは腎臓と体幹の筋肉そして関連する背骨の歪みそして頭蓋骨!なんと腎臓を頭蓋骨矯正で施術するケースもあります。

ふくらはぎのコリと冷え性のダブルで悩んでいます
浮腫むのは腎臓の機能低下が原因


塩分がしっかりしてた方がラーメンは美味しいよね!塩分を摂ると水分が欲しくなるでしょ?これって体の中で部分部分での塩分濃度の違いからくる現象なんですよ。塩分の効いたラーメンを食べた時はちゃんと水を飲みましょう。では普段より多く塩分や水分を摂ったらどうなるか?
腎臓が正常ならおしっことして捨てて終わり。
塩分を多く採って浮腫むのは腎臓の機能低下が原因です。ムクミが長時間続くと筋肉が緊張して硬くなります。これがふくらはぎのコリの原因

インフルエンザの潜伏期間に急にふくらはぎが痛くなったのはどうして?
インフルエンザに感染するのは、あなたの免疫機能が低下しているためです。
免疫は脳【自律神経】がもっとも重要な働きをしますが、脳【自律神経】の機能が低下している時にふくらはぎはパンパンに張り痛みを感じます。
日頃から脳【自律神経】を活性化してインフルエンザや風邪を予防しましょう

インフ円座がどのようにして移るかなどは「インフルエンザの潜伏期間」に詳しく書いていますので参考にしてください。


最先端の解決法〜末端で症状は出るが中枢から攻める

来院時にキツかったブーツが緩いのは当たり前!パンプスまでも緩くなったとわかる元気堂のふくらはぎのむくみ対策をご紹介します
一般的な方法は揉むと温める!これで回復するのは一時的疲労です。この一時的疲労対策はあなたでも可能!
お風呂で温めてください。バランスの良い温熱刺激がふくらはぎに伝わり十分に一時疲労に関しては効果があります。
それでの改善しにくいふくらはぎのコリやむくみは他に原因があります。

先ほど『ここのコリや痛みをチェック〜症例別痛みの地図』で挙げた内容ですが、これはふくらはぎが原因で症状が出ているのではなく、心臓や副腎や腎臓がの疲労が原因で症状が出てその影響でふくらはぎにコリやむくみが出ています。
ふくらはぎのコリやむくみの原因は内臓の疲労にある

内臓が悪くなるのもさらに奥の原因があり
それは
脳【自律神経】の疲労

ふくらはぎのコリやむくみを改善させる唯一の方法は
脳【自律神経】と内臓の疲労を回復させる施術

脳【自律神経】の疲労を回復させる頭蓋骨矯正と内臓の疲労を回復させる腸セラピーのコンビネーションで原因から施術するので、末端のふくらはぎのみを施術することより効果があります。

脳【自律神経】の疲労を回復させるとインナーマッスルである大腰筋活性化します。人体の中で一番大きく心臓へ帰る静脈の中でも重要な大静脈に近く、大腰筋が活性化すると心臓へ静脈を戻すポンプ効果が増すので、静脈のめぐりが悪くむくんでいたふくらはぎからも、しっかり流れコリやむくみが回復します。

しつこいふくらはぎのコリとむくみは脳【自律神経】から治せ!