右の腰の痛みは右の腎臓の疲労が問題

まじめ質問

右の腰が痛い…助けて


まじめ院長

腰痛の原因と
なぜ右の腰が痛むかをしっかり解説します


腎臓が疲労すると腰の痛みが出るのかを原因から考えた腰の痛み解消法!!
腰痛って腰の筋肉「広背筋」「臀筋」「大腰筋」「脊柱起立筋群」などが痛い事を指しますがこの腰の痛みはなんと腎臓が原因で起こることも!!

急性の痛みが整形外科で処方される薬や湿布で、新宿駅までは出れるくらいまでは回復だ出来ているが、
そこからなかなかうまく回復できないで悩んでいる方が多く来院されます。

どうして腎臓によって腰が痛くなるのかやなぜ右側の腰の方が痛くなるのかを解説しあなたにあった腰の痛み解消法をご案内します。




原因を探る

「神の手を持つ」腰痛の名医が断言! 椎間板ヘルニアの9割は「誤診」です。
「腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている人は実に多いのです。私が実際に患者さんを治療した実感では、9割以上の腰痛の原因は別のところにあります。レントゲンなどに映らない原因を直した結果、腰の痛みが改善した方はたくさんいらっしゃいます」

引用元URL:9割の腰痛の原因は「ヘルニア」でも「脊柱管狭窄」でもなかった!


腰痛の専門家と思われて来た整形外科医からの発言「ヘルニアなどの椎間板症は腰痛の原因ではない」。整形外科のアプローチとは全く異なった原因の究明や治療方法を元気堂では実践しています。

まじめ院長

腰痛の原因って何だと思う???


おもしろ質問

運動不足や運動のやり過ぎ


一般的には大当たり!!!
一つ目は筋肉由来の筋肉の痛みの問題
なので整形外科などで行なわれる最先端医療での治療は

  • ストレッチなどの運動
  • 腹筋などの筋トレ
  • 低周波治療器
  • 湿布や塗り薬

このような感じが多い様です。


なぜ右側?


筋肉の使いすぎで起こる単純な腰痛は整形外科で湿布でももらってゆっくり休めば基本的に治りますが、
そんなことでは痛みが引かない時には別の原因がある。
それが内臓の疲労からくる


おもしろ質問

腰が痛むのに
内臓なんで関係無いでしょう!!!!


おもしろ院長

有るんですよ!しかも腎臓が


おもしろ質問

特に右側に腰の痛みがあるんだけど
これも腎臓なの?


まじめ院長

当たりです。
右腰が痛い時は
右の腎臓が下に下がっています。



「腸セラピー」など内臓の施術が得意な当院は腰痛を内臓から治します。


あなたがふくらはぎのむくみや痛みでお悩みならふくらはぎがパンパンで痛い!ふくらはぎの痛みとむくみの原因とその対策を参考にしてください


まずはどうして痛むのか?

表面に現れている腰の痛みですが、これは腰背部の筋肉に必要十分に体液が循環していない事から起こります。

循環不足から
栄養不足>>>代謝産物の蓄積>>>ばい菌の増殖>>>炎症>>>痛い

このようなことが起きています。

簡単に言うと「腰の筋肉の血のめぐりが悪い」ので「腰が痛い」!!


原因その1 なぜ、痛い状態が腰で起こるのか?

腰の筋肉に負担がかかっています。
どのような負担か?
腰の筋肉に負担をかけ事ってどんな事をイメージしますか?
重い物を持つ
長時間歩く
背筋のトレーニングをする
などではないでしょうか


実は普段無意識に立ってる、座ってるなどの
姿勢を維持するこの事で非常に筋肉を使ってます。

この時 脊柱起立筋などの腰の骨の周囲にある筋肉とその反対にある筋肉が非常に沢山働きます。


その反対側の筋肉が大腰筋
大腰筋が前の方で緊張しその反対側の腰の骨の周囲にある筋肉が対抗し緊張します。
姿勢を維持する為に持続的に緊張する事で筋肉がぎゅーっと緊張していますから腰の血のめぐりが悪くなる。この事で痛みが出てくる事が良く有ります。


原因その2 なぜ大腰筋は緊張する?

胃下垂って聞いた事有りますか?胃がしたに下がる事です。それと同じように腎臓もしたに下がります。

腎臓が疲れる>>>したに下がる>>>大腰筋が緊張する

腸セラピー前の患者さんお腹を触りおへその両脇を交互に頭方に上げると片方だけ上がりにくい事が有ります。この場合決まって上がりにくい方が痛い方です。

原因その3 なぜ腎臓の疲労や下垂は起こるのか?
働き者の腎臓は24時間、あなたの為に働き続けます。
働き過ぎると腎臓は下垂します。もう一つの変化がなんとオーバーヒート!!
腎臓は仕事し過ぎると熱くなる。

簡単に腎臓の働き…血液をキレイにしています。心臓から押し出され、脳、内臓、筋肉と全身を巡り、血液は体中からゴミ「代謝産物」「老廃物」などの不要な成分を運び、血液をキレイにする工場に運びます。
血液をキレイにする工場

  • 肺…ガス交換で二酸化炭素などを体の外へ
  • 肝臓…吸収した物の解毒
  • 腎臓…不要な成分を尿として排泄

この排泄作中に腎臓にたくさんの血液を入れてゆっくり処理したいんだけど
体の中の水が不足すると、出来るだけ体に水分を早く戻す為にスピードアップして仕事を行ないます。

元々24時間仕事ができる腎臓ですが、スピードアップして仕事をしていると
うまく働けず、体内に「代謝産物」「老廃物」などの不要な成分が残り易く、からだがだるくなる、慢性疲労症候群の原因にもなります。
不要な物が残るだけではなく、必要な物も排泄し過ぎることも起こります。


この状態の尿は「黄色い」「泡立つ」「熱い」など…心当たり有る方もいますか?



腎臓から来る腰痛への施術3つのポイント


痛い所への筋肉マニュピレーション
腰痛の原因は腎臓の疲労以外にも有りますが、実際に痛い所は血のめぐりが悪いのでしっかり腰の筋肉をマッサージ


腎臓への腸セラピー
筋肉だけではその場しのぎ!!原因の腎臓もしっかり活性化


頭が小さくなるほどの脳【自律神経】活性
筋肉や内臓だけでは不十分!!!筋肉や内臓の疲労を治すのは脳【自律神経】の仕事!
脳【自律神経】がしっかり働けるように脳の血のめぐりを改善し脳に栄養を送る事を行ないます。



当院の腰痛対策は


まじめ院長

痛い所への筋肉マニュピレーション
腎臓への腸セラピー
頭が小さくなるほどの脳【自律神経】活性

3つを駆使し最短での回復を目指します。