エボラ出血熱

エボラ出血熱は発症している方の写真を見ると非常に怖いですが、しっかり知識を身につけましょう。
一説にはコウモリが宿主でその肉や血液から感染するとも言われている。





どうしたら感染するの?

エボラ出血熱を起こすのは「エボラウイルス」による感染ですが、感染の媒介は野生の動物の肉だと推測されます。日本では野生の獣を捕って、食するのはあまり無い習慣ですが、まだ多くの地域で続いています。

コウモリや他の動物を食べる為に解体しますがその時に当然血液や他の体液に触れます。このことで動物から人間への感染が起こります。





では人間から人間にどのようにしたら感染するのか?

基本的に感染するのは血液などの体液への接触でしか感染しないので、インフルエンザの様な空気感染する物とは違う事を覚えておきたい。
患者の血液、体液に触れる可能性の高い医師や看護師に感染が報告されるのはそのせいで、通常の生活では感染の確率は非常に低いので一安心。


ヒトからヒトへ伝染する経路は?
 簡単には伝染しません。しかし、ある地域には、葬儀の準備で遺体を手で洗うという風習があります。魂を来世に送るための愛情深い方法なのです。このような行為を通じて患者の体液に非常に接触しやすくなり、感染してしまうんですね。 基本的に空気感染しないウイルスなので、遺体を洗う行為に歯止めがかかれば、流行のコントロールは比較的容易と言えるでしょう。

引用元URL:ギニアでエボラ感染拡大、原因と対策は



先月海外旅行したけど大丈夫?

エボラ出血熱は感染してしまうと非常に強力でしかも早く症状が出て死に至るのが特徴です。

潜伏期間は2〜21日なので先月アフリカから帰って来た人はエボラ出血熱にかかっていたらすでに発症しています。

潜伏期間が短いので心配は無用





効果的な予防法は?

日本国内では医療関係者以外では感染する事は非常に確立が低い

日本国内の医療体制(問4、問5)や生活環境から考え合わせると、日本国内でエボラ出血熱が流行する可能性は、現時点ではほとんどありません。

引用元URL:エボラ出血熱に関するQ&A




結論

実際にエボラ出血熱が発症している人や動物と
すでに発症し死亡している人や動物に直接触れなければ
問題無い。



エボラ出血熱も知って安心