インフルエンザ香港A型 予防接種の効かない香港A型の大流行の兆し!

2014-2015年のインフルエンザは困ったことに香港A型が流行り始めた。
この香港A型はワクチンを作りにくいのが特徴。

今年の傾向は「インフルエンザの初期症状2015年の傾向と重症化の予防」を参考にしてください。


予防効果のないインフルエンザワクチンで病院大儲け

「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』

引用元URL:WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

ワクチンは製造原価も安く、注射だけで高度な知識もいらないので、病院にとっては冬の美味しいボーナス!
あなたはいつまで続けます?言い訳のためのワクチン接種

香港A型は毎年タイプが異なるものが流行るので事前にワクチンを作り予防接種をすることができない。

今年もインフルエンザの混合ワクチンを予防接種として受けたいる方も多くいると思いますが、型が違う香港A型に新たに感染しますので、安心は全くできません。

風邪をこじらせて通う方の多くはインフルエンザの予防接種後に体調を崩すケースが多くあります。



すでに流行っているが予防策はあるの?


今年の特徴は例年より早く11月から流行っていること!
これは夏の猛暑と日々の温度変化により脳【自律神経】が今までになく>疲れ切ってる<

脳【自律神経】が疲れ切ると免疫力が低下する。この免疫力が低下した状態でインフルエンザウイルスと職場や学校、通勤の電車、家庭内で常に戦っている。


医学的な予防策は

「高齢者や重い持病のある人は、身の回りにインフルエンザ患者が出たら、タミフルなど抗ウイルス薬の予防投与をした方が良い」

引用元URL:<インフルエンザ>流行はA香港型…首都圏、東北など


そんなんじゃダメ!!!!
病気にかかる前に予防的に投薬なんてナンセンス!!!!!

ここは免疫力にお任せ!

脳の血流を改善し脳【自律神経】を活性化する免疫力革命が最も効果的!

高齢者や乳幼児が重症化するのも脳【自律神経】が弱くウイルスと戦えないため!
脳【自律神経】を元気にして乗り切ろう!!!!